自分たちが一生住む住まいを探す

住まいには戸建てか賃貸か

自分の住まいを決める際には、まずは戸建てか賃貸物件か選ぶことになります。それぞれにメリットとデメリットが存在するので、自分の状況に合った物件を選ぶことが大切です。まず、戸建ては基本的に間取りが良いので一人暮らしには向いていません。広い家に住みたいのであればいいですが、寂しくなってしまうのであれば賃貸物件か分譲マンションを選びます。

一戸建てを購入することで、将来的に安定すると考えられがちですが、購入にはそれだけ多くの資金が必要です。一戸建て住宅の購入だけではなく、同時に土地も購入しなければならないので、より多くの資金が必要になります。また、住宅ローンの審査に通らなければ購入出来ないので、経済力に難がある場合は一戸建ての購入は難しいです。また、セキュリティ対策がしづらかったり、土地の事情で引っ越したくなっても引っ越せません。賃貸物件であれば、ある程度の品質の物件に住めばセキュリティが充実しています。オートロックや監視カメラなども備え付けられているので、安心して生活できます。また、何らかの理由で引越したい時にも気兼ねなく引っ越せます。基本的に二年契約ですが、契約期間が満了していなくても事前に申告すれば退去できます。


Copyright(c) 2017 自分たちが一生住む住まいを探す All Rights Reserved.