自分たちが一生住む住まいを探す

良い住まいの条件と注意点

自分の住まい探しの際には、良い住まいを見つけたいと考えるのが一般的です。良い住まいというのは人によって考え方が違うので、色んな条件が存在します。その中でも絶対条件は、騒音問題が起こりにくいということです。これは、住民同士の騒音問題だけではなく、近くに線路や高速道路がある場合には外部からも騒音がもたらされます。駅チカ物件に住む際には、必ず線路の近くや高架下の物件は選ばないことが大切です。

騒音問題が起こりにくい賃貸物件を探す場合は、住民のマナーを確認することが大切です。住民のマナーはゴミ置き場や駐輪場を見ることで確認できます。自転車が乱雑に置かれていたり、カゴにゴミが入っている場合はマナー違反な住民がいると考えられます。指定日以外の日にゴミが出されている場合も同じことが言えます。また、エレベーターホールやエントランスにもゴミが落ちていたりと、共有スペースの使い方に問題が見られる場合は注意が必要です。こういった騒音問題が起こりそうにない場合は、立地条件や間取りが充実している物件を選ぶことが大切です。夜中でも賑やかな駅チカや、街の中心部に関しては好みが分かれます。静かに住みたいのであれば、駅から徒歩10分程度の物件を選ぶことが大切です。


Copyright(c) 2017 自分たちが一生住む住まいを探す All Rights Reserved.