自分たちが一生住む住まいを探す

1人暮らしの住まいを選ぶときの注意点

皆さんの中にも、大学に進学したり、会社に就職したタイミングで一人暮らしを始める人は多いのではないでしょうか。親元を離れ、全て自分でやりくりしなくてはいけない一人暮らしの、後悔しない住まい選びについて説明します。

まず、場所選びからです。一人暮らしの住まいは、なるべく通学先、通勤先から近い場所を選びましょう。と言うのも、一人暮らしでは食事の用意をしたり洗濯物を干したりと、朝の時間が不足します。なので、朝の時間に少しでもゆとりを持たせるために、通勤通学先から近い場所を選ぶといいでしょう。ですが、近すぎると友達や同僚の溜まり場になってしまいます。できるならば直通で20分程度、通勤通学先が都心にある場合は、直通で行ける場所を選ぶといいでしょう。

次に、家の周りにあるといい施設ですが、最低限、コンビニは800メートル圏内にあるといいでしょう。コンビニがないと、急きょ何かが欲しくなった時に困ります。他には、自炊をするならばスーパー、休日に仕事がしたいならばカフェなどがあると、生活をしていて便利です。また、気軽に通える場所に本屋があるといいでしょう。休日など時間のある時に、新たなことを発見することができます。


Copyright(c) 2017 自分たちが一生住む住まいを探す All Rights Reserved.