自分たちが一生住む住まいを探す

住まいに関わる資格について

住まいに関わる知識として、住宅に関する資格についてその種類と役割、取得条件などを交えながら説明いたします。住宅を建築するという行為には様々な資格を持った人が関わっています。代表的な資格としては、建築士が挙げられます。建築士には建物の設計や監理、施工管理などの業務を行い、建物を建てる際に許可を得るための建築確認申請には、設計者として必ず建築士の名前を記載する必要があり、独占業務となっています。建築士には建物の規模に応じて設計行為に制限があり、木造建築士と二級建築士と一級建築士という種類があるなか、一級建築士はどのような建物でも設計できることになっています。

その他の住宅に関する資格としては建築施工管理技士という、施工計画を作成し、現場での工事の進行を指揮する監督役となっています。この業務は建築士でも行えるようになっていますが、より工事における技術に長けた人がこの資格を取得しています。次に設計段階で関わる資格として、インテリアコーディネーターやカラーコディネーターなどの内装計画の業務に携わる資格があります。部屋全体のイメージやコンセプトを決め、内装の種類や納まり等を考える仕事です。また福祉を意識した住宅が今後は求められるため、福祉住環境コーディネーターという資格もあり、バリアフリーなどのリフォームの計画と、その工事の補助金申請にはこの資格者が申請することとされています。このように住まいに関わる資格は多様であり、それぞれには特有の役割が与えられています。


Copyright(c) 2017 自分たちが一生住む住まいを探す All Rights Reserved.