自分たちが一生住む住まいを探す

一戸建ての住まいについて

私は3年前に一戸建ての住まいを購入しました。家は新築では無く中古の物件を購入しました。築年数15年で住宅と土地付きで2000万円で購入しました。一番の魅力は土地の広さで、160坪の面積があり、庭がとても広くて私には小さい子供が2人いたので、喜ぶと思い購入しました。車4台を駐車できる車庫も付いており、車を家族全員分とめられました。今は3年が経過して家族4人で楽しく生活しています。庭には子供たちが遊べるように砂を購入して砂場を作ったり、ブランコを木材を購入して自作で作ったりして、休みの日には子供と砂遊びをしたり、庭でサッカーをしたりして広々と遊んでいます。妻は庭の広さを利用して家庭菜園を去年から初めて、今年はなすとトマトを収穫しました。

住宅は15年と少し古く感じますが、中はリフォームがされており綺麗で、とても過ごしやすく感じています。自分たちで窓から庭へつながるようにウッドデッキを業者の方に依頼して付けて夏はバーベキューをしたり、子ども用のプールを広げて遊ばせてりして一戸建ての広々とした住まいを満喫しています。住まいは建て物も大切ですが、土地も色々な意味で重要に感じています。これからも家族で楽しく生活していきたいです。


Copyright(c) 2017 自分たちが一生住む住まいを探す All Rights Reserved.