自分たちが一生住む住まいを探す

さまざまな住まいの形態について

住まいには、さまざまな形態があります。一言で住まいといっても、例えば一軒家の場合もあればマンションの場合もあります。アパートの場合も、もちろんあります。若い人の多くは、たいていマンションかアパートを借りて家賃を払って住んでいます。通常、30代以降になってお金が貯まってくれば、ローンを組んでマンションか家を購入したりします。20代で家を購入するという人は多くありません。もちろん、一生家は買わないという人もいます。家を買ったところでローンなどを組むことが多いですから、毎月お金を払わなくてはならないという点では賃貸と同じということになります(それが返済であるかどうかという違いはあります)。

賃貸で一生過ごすのと、購入した家のローンを返済し続けるのと、結局どちらが経済的にメリットがあるのかという議論もしばし起こりますが、これはやはりケースバイケースということになるので、一概には言えません。その人のライフスタイルや収入などによって、どちらにメリットが多くあるかは違ってくるからです。ただ一つ言えるのは、転勤などの可能性が多い仕事に就いている場合は、家を購入してしまうことは賢明ではないということです。


Copyright(c) 2017 自分たちが一生住む住まいを探す All Rights Reserved.