自分たちが一生住む住まいを探す

住まいに関する知識:温熱環境について

住まいに関する知識として、住宅における温熱環境や断熱性、換気設備などについて説明いたします。昔の住宅は夏の涼しさを優先する家を重視しており、冬の寒さはひたすら我慢するような生活をしていました。しかし住宅の品質がある程度高くなった時期から、断熱性を重視した冬の寒さへの対策を重視するようになり、今では高気密高断熱の住宅を提供するメーカーが主流になっています。住宅には壁で覆われていても、ミクロの目線では細かい穴が空いており、外部から受ける温度変化は当然その穴の多さによって変わってきます。高気密高断熱の家とは、壁に空いているミクロレベルの穴をいかに少なくし、外部の温度による影響を少なくするという考えで造られているのです。

具体的には、木造の家においては木材の柱と柱の間にはグラスウールという断熱材を充填し、外壁面全体に充填をすることにより、魔法瓶のような断熱層を作ることで、外気温の変化による室内温度の変化をなるべく防ぐように造られます。断熱材には種類があり、グラスウールに関しては、施工の精度によっては柱付近に断熱材の厚みが変わる部分が出てきてしまう傾向があり、断熱欠損という状況を作ってしまう恐れがあります。そのような断熱のムラをなくすために、細かい部分にまで断熱層を形成出来る発泡ウレタンを吹き付ける方法があります。この方法ではびっしりとくまなく断熱材を吹き付けることができますので、安定した断熱性を確保できるというメリットがあります。


Copyright(c) 2017 自分たちが一生住む住まいを探す All Rights Reserved.