自分たちが一生住む住まいを探す

住まいを維持する努力

最新の設備で汚れのない新しくて美しい住まいも、いつかは古くなってしまいます。せっかく手に入れた住宅を長持ちさせるには、それなりの努力が必要です。戸建てかマンションかで、住まいの維持管理の時期や点検方法は異なりますが、どんな住宅であっても、結局はそこに住む人が小まめに手入れすることが、最も大切です。賃貸物件に住んでいた時は、できるだけ汚さない様にとの心がけだけでよかったものが、自分の持ち物となると、様々な責任が掛かってくるのは当然のことです。例えばマンションの場合は、自分の居住している専有部分だけでなく、共用部分に対しても、長期修繕計画が作成され、管理費と共に積立金として徴収されます。

住まいは、そこに居住しているうちに床や壁、天井などが汚れてくるものです。しかも人為的ではない経年による劣化も考えなければなりません。どんなに気を遣って住んでいても、給湯器やユニットバス、エアコンなどの寿命は10年から15年だと言われています。また台所のシンクやトイレなどは、15年から20年経つと、様々な傷や劣化などで取り換えを考える時期に突入するのです。その他、台風や地震などでも、屋根が飛んだり、壁や軒下、その他の部分が破損することもありますから、こうした天災の後は、専門業者に頼んで点検してもらうことも必要です。住まいを維持する費用もかかりますが、長持ちさせるにはこうした努力が大切なのです。


Copyright(c) 2017 自分たちが一生住む住まいを探す All Rights Reserved.