自分たちが一生住む住まいを探す

住まいに関する知識:太陽光発電システムについて

住まいに関する知識として、太陽光発電システムの概要と注意点などについて説明いたします。太陽光発電システムとは、太陽から発せられる光エネルギーを電気エネルギーに変える太陽電池を利用して、家庭で使われる電化製品などの電力として利用することで、電力を生み出し、毎月の電気代を節約、または余った分を売電することで利益も出せる仕組みです。東日本大震災後には電力需給問題が深刻となって、一般家庭や、事業者による太陽光発電設備を導入し、電力会社に電力を売る人が増えてきました。

太陽光発電システムを導入することにおいての注意点としては、既存の建物に太陽光発電パネルを設置する時の重量と、漏水リスクです。木造の建物には、設計時に太陽光発電パネルを設置する条件で構造計算をしていませんので、安易に太陽光発電パネルを設置することで屋根や小屋組が重さに耐えられない事態が発生することもあります。またパネルを設置するためにはどうしても屋根に固定用のビスや金物を取り付けるために穴を開ける必要があるため、その穴の処置を適切に行わない施工会社に当たると、雨漏りが発生し建物の寿命を縮めてしまうこともありますので、特に注意が必要となります。


Copyright(c) 2017 自分たちが一生住む住まいを探す All Rights Reserved.