自分たちが一生住む住まいを探す

住まいに関する知識:マンションの結露について

住まいの知識として、マンションにおける結露について、結露が起こるメカニズムと対策などを交えながら説明いたします。マンションにおいて結露が起こる特徴としては、戸建て住宅よりもマンションの方が結露は起こりやすく、南側の部屋よりも北側の部屋の方が起こりやすく、空気の流れがないと結露は起こりやすいという内容があります。マンションは構造的に窓が少なく換気がしにくいため常に結露の危険性と隣り合わせです。マンションは戸建て住宅よりも高い気密性を持っているため、鉄筋コンクリートで作られ、換気のための窓も二方向だけにしか設置できないため、換気扇も浴室・トイレ・台所以外には設けていないため、空気中の水蒸気がこもってしまう箇所がどうしても出来てしまいます。

またコンクリートは10年ほどにわたって内部の水分を外へ放出するという性質があり、建築後の1年から3年の間はその放出量が著しい状況となるため、梅雨時に部屋を閉め切り換気をせずにいると、間違いなく室内のどこかで水蒸気が溜まりやすい状況が発生し、結露を起こしてしまいます。対策としては、常に換気を怠らないようにすることと、水蒸気が発生する場所の近くで特に換気を十分に行うことです。また納戸や押入れなどの換気設備がない収納スペースには定期的に開放し、中の水蒸気分を飛ばしたり、乾燥材を利用しておくことが必要となります。


Copyright(c) 2017 自分たちが一生住む住まいを探す All Rights Reserved.