自分たちが一生住む住まいを探す

住まい選びでの中古の一戸建ては数多く見ておくことが大切

住まいを選ぶ場合、中古の一戸建ては、その見方、選び方に苦労する場合があります。マンションの場合は共有部分や管理状況などでその物件の判断がつきますが、一戸建ては個別性が強く、売る人のそれまでの使い方や立地などにより千差万別です。古くなったもので、新しいものを買うために売るか、転勤の為にうるということなので、建物そのものは、あまり期待しないほうがよいでしょう。とくに惑わされるのは見に行ったとてもキレイになっていて、これは築年数の割にはキレイで買い得だというような錯覚に陥ることです。又、部屋のリフォームなど簡単にしてあると目先に惑わされてしまいます。

物件が建てられて年数が15年ぐらい経ったものは、ほとんどの器具は耐用年数にきていること、家全体についても同じであるということです。売る側というのは、家が住める状況であれば、古くても家の値段というものを価格に上乗せしがちです。もし古屋があれば、建て替えの時にその建物を完全に撤去する為には、100万円ぐらいの費用がかかってしまいます。したがって築20年を超えた建物は、いくらきれいにつかっていたとしても、その地域の地価を超えるものではありません。中古物件選びは数多く見ておくことも大切になります。


Copyright(c) 2017 自分たちが一生住む住まいを探す All Rights Reserved.